アンドレオーラ(ANDREOLA)

アンドレオーラ社は、イタリア北東部ヴェネト州に位置し、香り豊かなプロセッコワインをメインに作っている家族経営のワイナリー。


現オーナーのステファノ・ポーラ氏が、初代オーナーである父の「プロセッコ スーペリオーレはただの商品ではなく、生き物である」「地形、気候の多様性と人の手で育まれたぶどう作りの結果がワインに現れる」という哲学を受け継ぎ、ぶどうを手摘みにするなど丁寧なワイン作りをすると共に、より良いものを作るために最新技術を導入し、徹底した衛生管理と温度管理を行っている。


プロセッコの生産地域として有名なヴァルドッビアーデネは、アドリア海とアルプス山脈麓の中間地点に位置し、氷河によって土地が削り取られて形成された丘陵地である。急傾斜で水はけが良く、大半が南向きで太陽の光をたっぷりと浴びることができるため、ぶどうの栽培に適した土地となっている。


2019年7月7日、アンドレオーラ社のぶどう畑があるコネリアーノ・ヴァルドッビアーデネの丘陵地がユネスコにより世界遺産に登録された。