カーザ ヴィニーコラ ファツィオ(CASA VINICOLA FAZIO)

ファツィオ社は、シチリア島の北西部トラーパニの北に位置しており、ギリシャ・ローマ・イスラム(北アフリカ)の文化が交わる歴史史跡の多い地域である。エリチェ山には中世代の城跡があり、ぶどう畑を見下ろしている。遥か昔からこの地域ではグリッロ種、カタラット種、インソリア種そしてネロ ダヴォラ種が栽培されており、現代へ受け継がれている。


バルクワインが主体だったファツィオだが、現ファツィオ家のジロラモとヴィチェンツォがワイナリーを一新し、現在の高品質なワイン造りを始めた。その後、ファツィオはワイナリーが位置するシチリア島北西部にあるトラーパニのエリチェ地域のDOC認定のために重要な役割を担った。そして、DOC認定されてからも、エリチェの土地と気候から生み出されるワインの普及に力を尽くしている。

 

*2004年にDOC認定

白ブドウ: アンソニカ、カタラット、シャルドネ、グレカニコ、グリッロ、ミュラー、トゥルガウ、ソーヴィニヨン、ブラン、ジビッボ
赤ワイン: カベルネ、ソーヴィニヨン、フラッパート、メルロー、ネロ、ダヴォラ、ペリコーネ、シラー

ワインの原料となるぶどうは、オーガニック認定こそ受けていないが全て有機栽培であり、除草剤や化学肥料を使用せず、さらに人工的な水やりも一切行っていない。春に十分な量の雨が降り、水分が蓄えられた地層まで樹の根が達しているため、シチリアの乾燥した夏でも果実が十分に成長し、余分な水分を取り込まずにぶどうが成熟を迎え、非常に凝縮感のあるワインを生み出すことができる。