ブリオーニ(BUGLIONI)

四半世紀前に誕生したブリオーニ社のアルフレッド・ブリオーニ氏は、当時自分がワインメーカーになろうとは夢にも思っていませんでした。

 

きっかけは、1993年に彼がイタリア北東部ヴェネト州にある美しい丘陵地、ヴァルポリチェッラ・クラシッコの中心部にある4ヘクタールのぶどう畑に囲まれた古い農地を購入したことでした。そこでは赤ワインの土着品種コルヴィーナ、コルヴィノーネ、モリナーラなどが栽培されていましたが、その年、彼らは収穫の知識がなく何をしたらいいか分からなかったそうです。そのため有名なワイン生産者にアプローチをして、7年間をぶどう栽培に捧げました。そこからブリオーニ社のワイン造りが始まったのです。

 

その後、2000年から本格的なワイン造り、販売が始まります。

 


最初のヴィンテージで12,000本が生産されました。翌年にはワイン醸造家のディエゴ・ベルトーニ氏が加わり、2004年にブリオーニ社にとって初めてのアマローネが完成しました。

 

ブリオーニ社がヴァルポリチェッラ・クラシッコに所有している54ヘクタールのぶどう畑は、2019年から全て有機栽培となっています。


ブリオーニ社は、ヴァルポリチェッラのぶどう品種を組み合わせて、独創的でその地域の土着品種の特性を活かしたワインを生産しています。収穫は手摘みで、全てのぶどうから厳選した40%のみを醸造し、年間150万本の高品質なワインを生産するワイナリーに至りました。

 

彼らは言います。

「ワインは私たちの情熱です。自然に寄り添いながら、全てのことに関心を持たなければならない」と。

 

その信念をもって、ブリオーニ社はワイン造りに情熱を注ぎ、高品質なワインを造り続けています。新興ワイナリーではありますが、既に受賞歴もあり、彼らが造るワインは世界中から高く評価されています。

 

 

【主な受賞歴】

●ヴァルポリチェッラ リパッソ クラシッコ スペリオーレ

・Gilbert & Gaillard 2016:金賞

・Luca Maroniガイド:91点

●アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシッコ DOCG

・Mundus Vini International Awards 2017:銀賞

・Decanter World Wine Awards 2016:銅賞

●アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシッコ リゼルヴァ DOCG

・Gilbert & Gaillard 2016:金賞

・International Wine & Spirit Competition:銀賞

・Vinitaly 2012:金賞

(一部抜粋)